みたらしだんご

日本可笑し話 桃太郎

※川から流れてきた桃を婆が拾い、その中から男の子が産まれ、3匹の獣を率いて鬼を見事倒すというストーリーです。 ナレーター 故・森光子

むかーし、むかしあるところに故・永六輔と故・黒柳徹子がおったそうな・・・残念ながら桃はすくい上げられることなく流れていった・・・

一方その頃、桃家では!???

サリエルパンツに茶髪の若造と七分袖にキティのサンダルを履いた尼が子作りに励んでおった
若造(45)「10年分吐き出すからな!!」尼(48)「100人目うむわよ!!」

尼はめでたく100人目の子を授かったのじゃ

こうして産まれたのが桃 蛇聾(タロウ)じゃった

元気に大きくなって立派な青年になった蛇聾はいきなり「鬼が島の鬼を倒す!!」と言い張り旅に出ていった。飽きれた二人はキチ○イになりおったと諦め、止めもせなんだが、せめてもの備品をとヤク団子を持たせた 

この団子を食べると力がみなぎり気分がよくなるのじゃ

鬼が島に向かう道中、林の中でキジ サル イヌ バンビ ホワイトタイガー(絶滅危惧種) イリオモテヤマネコ(同じく)が異種姦しているところにまとめて偶然出会う しめしめと腹を満たして意気揚々と鬼が島に到着じゃ

到着するやいなや、地面が割れてその割れ目から大きな大きな人影が現れおった

出おったな鬼め!と蛇聾はすかさず貰い受けたありったけのヤク団子を割れ目に投げつける するとどうであろう、もがき苦しみながら割れ目から片桐はいりが出てくるではないか 

なぜだ、なぜだと騒いでいるとポリに捕まえられてしもうた 精神錯乱状態であったが責任能力ありとみなされ多剤大量毒殺で懲役30年の刑に処された 蛇聾がいままで見ておった光景は幻覚であった

蛇聾は家出をして、獣を喰らい、離島に住んでいた片桐はいりを殺した本物のキチガイじゃったのだ

めでたしめでたし

終わり













スポンサーサイト
  1. 2013/03/09(土) 01:35:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古い写真発見 | ホーム | 今回は育成ゲームの良さに迫る!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazuhirohanga.blog103.fc2.com/tb.php/83-5f73f298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

takoya-

Author:takoya-
イモ類大好き。サツマイモを蒸すことに全精神を注いでいる。

カテゴリ

未分類 (30)
近況 (30)
ペン回し (12)
アルバムレビュー (5)
音楽のこと・・・ (15)
下らないこと (84)
オカルト (8)
更新シリーズ (20)
今日のクリーチャー (5)
教えて! チンポコさん (2)
考察シリーズ (5)
乞食シリーズ (2)
糞ポエムシリ-ズ (2)
DTM (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR