みたらしだんご

犬のおしっこが、すっごい黄色かったおはなし。※CERO B

こんにちは、前人未到の猫派の僕です。よろぴく (うざくない顔文字)

僕が青年になりかけな時期ぐらいまで、我が家では雑種の薄肌色の犬(いぬと読む)を飼っていました。家族はラッキーと呼んでいたけど、
僕だけはパトラッシュ(ぱとらっしゅと読む)と呼んでいました。
命名が長すぎちゃって、そのうち「パト」と省略するようになり、次第に名前を呼ばなくなって「おい!」に収まりました。ごめんね。ごめんね?!

雪が降り積もった冬の2月。その日は快晴で若干雪が溶けたので、いわゆる犬の散歩というやつに出かけようとしました。

犬って飼い主が「犬の散歩的な顔」をすると、察して暴れだすじゃないですか?だから犬小屋からガタガタ音がして、嫌だなぁって思いながらも、したり顔で内心嫌だなぁって思いながらも、パトラッシュをなだめてリードを付けて出発するんです。

あとすごく力が強い。あどけない少年に四本足の怪力は結構キツイ。もうどっちが散歩されてるのかわからない。
リードを絡めている指も鬱血しそうだし、(してたし)大変です。

それでも平然を装いながら、くそ田舎の昼の歩道をガァァって歩いてたら、突然それは起こるんです。少し凍っている雪の上でパトラッシュが
かがんでおしっこをし始める。

雪に染まっていくそのおしっこは、驚くほど黄色くて、マーブルチョコの黄色かと、マーブルチョコの黄色を産んでるのかと思うぐらい、マーブルチョコの黄色だったんです。(糸井重里風)
驚愕の排尿は10秒ぐらいで終了。漫然としているうちに家に帰り着いていました。

翌日もイラつくほど快晴だったので、犬の散歩に行こうとしたら、パトラッシュに元気がない。「おい!」と問いかけても変わりない。
よく見ると膀胱がちょっと腫れてて、親に報告して獣医に見てもらったら、これ肝炎だったんすねぇ… 普通に病気だったんです。その後肝炎は治癒して、パトラッシュは老衰で亡くなりました。ええ奴やった。ありがとな。

愚直なる犬を飼ってる皆さん、もし飼い犬のおしっこの色が濃くて、膀胱が腫れていたら、それは病気です。
必ず獣医に見てもらってくださいね。



スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 11:57:04|
  2. 下らないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拝むぞ! | ホーム | ポ!!!!!!!!!!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazuhirohanga.blog103.fc2.com/tb.php/237-cf22d085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

takoya-

Author:takoya-
イモ類大好き。サツマイモを蒸すことに全精神を注いでいる。

カテゴリ

未分類 (30)
近況 (30)
ペン回し (12)
アルバムレビュー (5)
音楽のこと・・・ (15)
下らないこと (84)
オカルト (8)
更新シリーズ (20)
今日のクリーチャー (5)
教えて! チンポコさん (2)
考察シリーズ (5)
乞食シリーズ (2)
糞ポエムシリ-ズ (2)
DTM (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR