みたらしだんご

もし、あなたの近くで誰かがうんこを漏らしたら…

こんにちは、世界腸内環境協会の副理事の秘書の彼氏第二号の僕です。よろしく

※前置きは見なくても、全く差し支えありません。

今この日本で最も問題になっているのが、日本人の腸内環境です。ストレス社会とファーストフードによる胃への負担過多。

日本人は古来から主食が草食なため、諸外国と比べて元々胃が強くないのです。急激な食生活の変化についていけていません。
この先欧米の食文化に完全に溶け込み、胃腸の耐性を作らない限り、日本人のお腹は強くならないと思います。

そんな中一番の被害者が、元々胃の弱い人です。

交通機関で下痢をして、非難轟々を浴びた哀れな方が時々スレを立てていますね。皆さんもまとめサイトでよく見ると思います。
これほんと可哀そう。気持ちわかるもん。

なので、まさにその現場に居合わせた時、どう助けてあげればいいのか。今回どうぞ参考にしていただきたいと思います。
※全3つ

その1 犬の糞を処理する小さいスコップですくってあげる。

「犬と一緒にするのか。人権侵害だ!」と思うかもしれませんが、一刻を争う事態です。まずは事を荒げないよう、最小限に抑えることが
大事です。二兎を追う者は一兎をも得ずですね。
問題はどんなスコップを使うかですが、今にちの日用品の進化は目覚ましいものです。
こちらをご覧ください。

くそとり
フンキャッチャー ※1320円

これなら持ち運びも簡単。もはやスコップの時代ではないんですね。さらにこんなものも、

くそとり2
キャッチミーI ※2205円

この商品の説明では
"片手でグリップを握るだけで袋が開きます。普段は開口部が閉じているので取った後は臭いません。"

なんと、これさえ使えば今にも漏らそうとしている人の肛門に素早く開口部を当て、事態を未然に防ぐことが出来るのです。
その時は耳にそっと「出してもええんよ」(根拠はないけど絶対に関西弁にしよう)と囁いてあげましょう。相手も泣いて喜ぶはずです。
中には拝み始める人もいるかもしれませんね(大爆笑)

その2 自分も漏らす

自分が同じように漏らして、人間の注意力を逸らすのも、また一つの手段です。仲間を増やしてあげて、被脱糞者の心を落ち着かせてあげましょう。これぞ隣人愛ですね。
このような意識が日本全体に広がれば、みんなが連鎖的に漏らします。赤信号みんなで渡れば怖くない状態になれますね。
乗客だけでなく、駅員も車長も、みんな漏らせばいいのです。そしてそれを処理する人も漏らせばいいんです。無限に続けばいいんです。

キリストうんこ
↑みんな脱糞者


その3 うんこを爆破

未熟な私も、最初は黒歴史を作ってしまった被脱糞者自体を爆破すればいいのではないかと思っていました。ですが、それでは残ったうんこはどうなるのか。そうなんですね、いずれにしてもその物体は残ってしまうのです。

「うんこが盛大に飛び散るじゃないか!やめろ!」とおっしゃるかもしれませんが、うんこが肌についても、健康に直ちには影響はありません。
服だって後で洗えばいいのです。なんならかっぱを着ておいたらいいでしょう。まず努力をする。それが第一です。

いかがでしたでしょうか(嘲笑) うんこを漏らすというのは、誠に仕方のない生理現象です。胃腸がある限り抗うことは出来ないのです。

あなたの善意で一人の人生が変わるかもしれません。いろんな意味でね。










スポンサーサイト
  1. 2015/10/19(月) 02:35:32|
  2. 下らないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フリースタイル88個め記念 | ホーム | ええ天気の見すぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazuhirohanga.blog103.fc2.com/tb.php/229-9ad77c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

takoya-

Author:takoya-
イモ類大好き。サツマイモを蒸すことに全精神を注いでいる。

カテゴリ

未分類 (30)
近況 (30)
ペン回し (12)
アルバムレビュー (5)
音楽のこと・・・ (15)
下らないこと (84)
オカルト (8)
更新シリーズ (20)
今日のクリーチャー (5)
教えて! チンポコさん (2)
考察シリーズ (5)
乞食シリーズ (2)
糞ポエムシリ-ズ (2)
DTM (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR