みたらしだんご

ちょっと不具合が

ブログが真っ白になって見られないという不具合があったので問題があると思われる記事を下書き状態にしました。

ちょっとしたらまた普通に公開すると思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 19:24:06|
  2. 近況
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必見! プリンの正しい食べ方!

やあ、みんな不元気?僕は元気!!

なんだったかな あ、takoyaですわ。

はい、本題ですけど、プリンの食べ方について今日は書いていきます。おそらく人類の好きな食べ物として一位、二位を争うのがチロルチョコとプリンだと思います。それぐらい人気がある訳です。

プッチンプリンを食べた坊や共だとわかると思うけど、プッチンプリンは裏の触覚みたいなのをプチッとやると皿の上に乗せて食べられるプリンに変貌します。

たかがグリコのプッチンプリンが高級にみえてくる不思議ですね。

私は皇族のちょっと上の方に属する人間でしたが、同じようにプチッとやって皿の上に乗せて食べておりました。なんせ高級に見えてきますからね。最上流階級の私でも気分を害すことなく頂けました。

やっすいプラスチックの容器のまま食べるなんてもう貧乏くさくてくさくて・・・皆さん、皿洗いなんか面倒だと思わずにやってみるべしやで!

  1. 2013/08/27(火) 10:21:29|
  2. 下らないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

takoya-今日のクリーチャー サイレントヒル

サイレントヒルといえばやたら暗い世界観とようわからんグロテスクなクリーチャーが出てくる怖いこわーいホラーゲームです。

このゲームに出てくる数多くのクリーチャーの中から注目すべき一体を選んでみました。

ケリオン3
ケリオン2
ケリオン1

サイレントヒルZEROに登場するクリーチャー ケリオンです。これでも犬なんだそうです。ゲーム中ではプレイヤーに突進して襲い掛かってきます。しかも速い。

僕は安易に怖がらせるようなクリーチャーにはあんまり魅力を感じません。本能的に気持ちの悪いほうがイイですね。

元ネタは画家フランシスベーコンです。

ベーコン2
ベーコン

ケリオン以外のクリーチャーにも酷似しているのが何体か居て、アブストラクトダディなんかは特に似てます。

abstract daddy3

サイレントヒルは様々な作品を参考(ジョイコブスラダーやハンスベルメールなど)にしていて、ベーコンもその中の一つです。






テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/08/17(土) 12:20:46|
  2. 今日のクリーチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のクリーチャー

たまに気に入ったクリーチャーを紹介する、takoya-今日のクリーチャー 始めてみました。

このシリーズ初となるクリーチャーはこちら

クリス

部屋の一室で黒光りする黒人の肉体 どでかい奇形の嫌悪感

これはロンドンのアート、音楽、ファッションを紹介する雑誌Dazed & Confusedの2008年11月に載せられたもの。鬼才映像作家Chris Cunninghamとジャマイカ系アメリカ人女優Grace Jonesのコラボ作品で、被写体のGrace Jonesを加工した写真です。

他の写真もちょっと紹介

クリス4

球体

クリス3

閉鎖、箱庭感

クリス本人

この男がChris Cunningham 気色悪い作品ばっかり作ってるイギリス人がこの写真を作りだしました。

彼が2005年に制作したRubber Johnnyというショート・フィルムあるんですが、この時ヌビアバージョンも作りたいと思い、Grace Jonesとコラボに至ったそうです。

クリス2

人体実験で出来上がったゴム人間に踊るように命じ、それを監視カメラで撮影 というのがこの作品の趣旨で、もちろんこれも気色悪い。

彼はエロティックに存在する潜在的な嫌悪感をストレートに、そしてリアルに表現していると思いますね。


  1. 2013/08/03(土) 19:52:48|
  2. 今日のクリーチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤン・シュヴァンクマイエルの食べるシーン

ヤン・シュヴァンクマイエルはチェコスロバキアの芸術家で、主に映画監督として著名なおじちゃんなんですが、個性の強い作品、頭の隅の方に残る作品を世に送り出してきました。

作風はグロ エロ 繰り返し 政治的 アナログ ユーモア これらをシュールに表現。受け手にメッセージ性を感じさせます。










※最も食べるシーンのある、「フード」がおすすめ

食べる2
食べる1


この人の作品の食べるシーンはただ食べてるだけなんですが、とてもまずそうです。無機物を食べてるような気さえしますね。(実際食べてる作品もありますが)

音、ドアップ、口の周りの動き、食べるまでの過程。そういう気にさせる演出が気持ち悪いんですよね。でも、クセになるわけでして。

ここまでしつこく執着するのはヤン・シュヴァンクマイエルは食べるのが嫌いだったそうで、それが一因してると思います。普通人間って食べるのが好きなはずなんですが・・・





  1. 2013/08/03(土) 11:18:39|
  2. オカルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takoya-

Author:takoya-
油性ペンで手の甲に書いた「キャベツ」の文字が消えないんだよなぁ?腹立つよなぁ?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
近況 (30)
ペン回し (12)
アルバムレビュー (5)
音楽のこと・・・ (15)
下らないこと (81)
オカルト (8)
アナルシリーズ (1)
日本可笑し話 (1)
風タクの裏技 すり抜け編 (1)
風タクの裏技 ボス戦編 (1)
風タクの裏技 森の水バグ編 (1)
生けるドクズのtakoya氏シリーズ (3)
更新シリーズ (20)
今日のクリーチャー (5)
シルエットクイズ (2)
教えて! チンポコさん (2)
考察シリーズ (5)
乞食シリーズ (2)
今日の五輪エンブレム (3)
ええ天気シリーズ (4)
糞ポエムシリ-ズ (2)
糞アンパンマン (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR